青森県南部町大向字泉山道

 

この建物は、大正12年(1923)、三戸で木材業を営んでいた村井氏により建てられたもの。

木造2階モルタル仕上げ、鉄板葺で、玄関庇を幾何学模様で飾り、その上部の軒線に起りをつけ、屋根窓を載せている。正面妻壁には3連アーチ窓とするなど、大正モダニズムの時代背景が色濃く残っている。外観は洋風であるが、内部は1階、2階ともに和風座敷となっており、2階道路側に唯一の洋間である書斎がある。

建設時期が関東大震災直後だったために建材の入手が困難な時期だったこともあり、建材は関西経由や、アメリカから船で運んだものもあったと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です