青森県八戸市字八太郎

2013/10/07取材

 

かつて、この八太郎山の周辺は、湿地帯と大小の湖沼が海まで続いていた。八太郎山の北側に近年まで八太郎沼があったが、現在一帯は工業地帯になり、埋め立てられて沼はない。

この八太郎沼は、三湖伝説の一方の主役である八ノ太郎に関わる伝説が伝えられる。

昔、十日市にお藤という美しい娘が住んでいた。村の若者たちはお藤に惹かれ、言い寄る者も多かったが、お藤は相手にしなかった。

ある日、垣根の外に一人の若者が現れた。この若者は何度となく訪れ、熱心に妻になってくれるように口説いた。お藤は初めは素知らぬふりをしていたが、その熱心さに心を惹かれ妻となった。しばらくしてお藤は、この若者の子を身ごもった。

若者はこれまでお藤に対して優しく接してくれていたが、自分のことを多く語ろうとはしなかった。お藤は思い切って若者の住まいや出身を尋ねた。最初は若者は「勘弁してほしい」と言っていたが、お藤が泣いて取りすがり頼むので、ついに拒むことができなくなった。

若者は、「もはやこれまでか、私は八太郎沼の主である」といった瞬間、たちまち、十丈をこえる大蛇となり、「生まれる子には八ノ太郎と名付けよ」と言い置いて、黒雲に打ち乗り、新井田川を下り八太郎沼へ飛び去って行った。

しばらくして元気な男の子が生まれ、お藤は八ノ太郎と名付けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です