青森県八戸市内丸一丁目

 

源義経が、長者山の高舘から見渡し、馬渕川の東の野原を「京ヶ原」、またその北の州崎を「京ヶ崎」と命名したが、その京ヶ崎の地がこの三八城(みやぎ)山である。

この地の大きな石は、弁慶石と呼ばれており、石の表面が人間の足型のように窪んでおり、これは力自慢の弁慶が、岩にしるしたものだと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です