青森県八戸市長者1丁目

 

八戸南部家の廟所は南宗寺にある。南宗寺は、初代八戸藩主南部直房が、父の南部利直の菩提を弔うために創建したもので、直房の死後、歴代藩主の墓所となった。

初代藩主南部直房は、盛岡南部藩二代藩主南部重直の弟で、初代の南部利直の七男である。

寛文4年(1664)、兄で盛岡南部藩二代藩主の南部重直が跡継ぎを決めないまま死去した。当時、後継を定めないまま死去した場合は、御家断絶及び領地没収の決まりだった。

しかし生前の重直は、幕府による裁定を願い出ていたため御家断絶は避けられたが、幕命により重直の異母弟、南部重信(七戸隼人正)と南部直房(中里直好)は盛岡藩10万石を分け、盛岡南部藩8万石を重信が相続し、2万石は直房に与えて八戸藩を立藩することになった。

その後まもなくの寛文8年(1668)、直房は41歳にて急死した。これは、一説には、盛岡藩の陰謀による暗殺とも言われており、当時幕府からも調査が入った。そのためか、盛岡藩はわざわざ「八戸藩は分家ではなく、独立した対等の立場」と異例の表明をしている。

直房の死後は長男の直政が継いだ。学識は高く、将軍綱吉の信任もあつく盛岡藩の分家でありながらしかし将軍の側用人も勤めた。しかし不作が重なり、藩財政は悪化、藩政改革に努めたが39歳で没した。この直政の死についても、盛岡藩南部家による毒殺説がある。

直政の死後は末期養子となった盛岡藩主南部重信の四男の南部通信が継いだ。通信が八戸藩三代藩主となったことで、盛岡藩との確執は解消したと思われる。

通信は、有能な人物で、文武に優れ、馬術を得意とし、さらに茶道や和歌、蹴鞠にも通じた豊かな教養人であったと云う。積極的に藩政改革を行い、倹約令の制定、物価の統制、凶作対策や買占めの取り締まり、文武の奨励など、藩政の発展に貢献した。

通信以降は、独立した藩として藩政を行っていたが、寒冷な気候は如何ともしがたく、石高は2万石だったが、飢饉の際には実高はその3~4割程度で、種々の藩政改革にも関わらず藩財政は窮乏の一途をたどり、天保、天明の大飢饉を経て幕末に至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です