青森県八戸市鮫町字棚久保

 

種差(たねさし)海岸は、三陸のリアス式海岸と比較すると、穏やかな地形になっている。釜の口、縄掛岩、弁天崎などの岩が点在し、さらに芝生海岸が広がり、白い波と美しいコントラストを見せる。

種差海岸には、源義経の北行伝説が残る。

それによると、平泉を密かに脱出した義経一行は、岩手県久慈市の侍浜から舟で北へ向かい、この種差海岸に上陸したと伝えられ、この種差海岸から数百メートル山手のところにある熊野神社の地で休憩したと言われている。

八戸には、この地以外にも、多くの義経伝説が残されている。

 

———————2006/04撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です