戻る

青森県七戸町字町

 

青岩寺の山門は、明治6年(1873)、旧七戸城城門を移築したものである。しかし腐朽が激しく、明治12年(1879)、上層部と袖門を取り払い、寸を詰めて改築している。

切妻銅版葺きの四脚門で、柱、梁、桁の並びは、現在も七戸城城門の面影を残しており、平成2年(1990)、町指定の文化財となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です