戻る

青森県東通村字蒲野沢

 

この鹿橋集落に、根が絡み合った桂の大木があり、根元からは清水が湧き出ている。この清水はこの集落発祥の水だと云われ、次のような伝説が伝えられている。

昔、この桂の木の下を村人が通りかかると、見知らぬ少女が現れ、「我を神として祀らば村に幸あらん」と言ってふっと消えた。村人は不思議に思って見渡すと、少女が立っていた場所に一つの石塊があった。

村人たちは、この桂の根元から湧き出る冷水を飲水としており、この不思議な話を聞き、それはきっと桂の木の水の精霊に違いないと考え、集まって相談し、村の神として祠を建ててその石を祀った。

それ以降、桂の木と石神様は、この地域の信仰を集めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です