戻る

青森県むつ市田名部町

 

むつ市街から恐山街道を道なりに進むと、その途中に天然のヒバ林に囲まれた湧き水がある。文字通りの冷水で、ここは俗界と霊界の別れで、この水で手を洗い、口をゆすぎ、霊場恐山へ入る。この場所で水を求めるのは人間だけではなく、恐山へ集る霊もまたここで水を飲むと考えられている。

三本の樋から流れ出る水は「不老水」と呼ばれ、冷水を一杯飲めば10年、二杯飲めば20年、三杯飲めば死ぬまで若返るという不思議な水と言われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です