青森市浪岡大字浪岡(西光院境内)

2013/04/27取材

 

西光院境内には、長慶天皇皇子の寛光親王の墓と伝えられる五輪塔がある。

寛光親王は、長慶天皇と北畠守親の娘との間に生まれた皇子と伝えら、その称号は、一品式部卿征東大将軍で、浪岡で崩御したとされる。

津軽には、南朝方の北畠氏が入ったこともあり、南朝三代目の天皇の長慶天皇に関わる伝承が多く残る、それが史実かどうかを確認する手立てはないが、皇子や后の墓や、その従者たちの伝説など、生活感のある伝承が数多く残っている。少なくとも、長慶天皇に由来する何らかの史実があったことは確実だろう。

寛光親王の死後は、一説によればそ子の寛基王のとき、三戸郡泉山に移り、泉山氏を称するようになり、その後、南部氏の客将となり、後に南部氏に仕えたと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です