秋田県大館市白沢字松原

震災前取材

 

大館市には各所に様々な人形道祖神がある。他の地域の道祖神の多くは、石や木でできた、男性器や女性器をかたちどったものが多いが、この地域の人形道祖神は藁で作られた人形が多い。

人形道祖神は、集落境に鎮座し、悪霊や疫病などが集落に入り込まないようにする為の魔除けとして置かれたものである。また男神と女神が並んで立ち、性器が強調されている場合もあり、子孫繁栄や五穀豊穣の願いが込められている。

その地域によって、姿かたちは様々であるが、この地の人形道祖神は、仁王像を模したものとも考えられ、また男鹿のナマハゲの影響もあるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です