秋田県大館市十二所葛原

震災前取材

 

大館地方は、古くから秋田犬の産地として知られ、この老犬神社は、忠義な犬を祀る全国でも珍しい神社である。この地には次のような話が伝えられる。

江戸時代の中ごろ、南部領の草木(現在の鹿角市十和田草木)に定六というマタギがいた。定六の先祖は、源頼朝の富士の巻き狩りの際の目覚しい働きによって、全国通用の子孫永久マタギ免状巻物を頼朝から拝領し、代々相伝している家柄だった。

定六はシロという子牛ほどもある猟犬を飼っていたが、ある雪の朝、定六はカモシカを見つけ、シロと共に追いかけているうちに、いつの間にか三戸城内に入り込んでしまった。定六は、不運にもこのときいつもは身に着けている巻物を持っていなかったために、捕らわれてしまった。

シロは、主人の危機を察し、もと来た道をひたすら走り家に引き返し、家にあった巻物を口にくわえ、再び主人のもとに走り続け三戸城に戻った。しかし定六はこのときすでに処刑されていた。シロは主人の遺体をくわえて三戸城の見える森に運び、幾夜となく恨みの遠吠えをしたと云う。その後、その地は犬吠森と呼ばれるようになった。

定六の死後、妻は所払いにされこの十二所の葛原に移り住んだが、犬はその後食を採らず、まもなく姿が見えなくなった。しばらくして近くの山腹で、白骨となっているのが発見された。

その後、その下の津軽街道を武士が通ると、馬が狂奔し落馬することが度々起こった。また三戸城下に大地震が起こり、定六に処罰を下した代官も牢番もみな死んでしまった。これはシロの怨念のなせることと噂になり、村人たちはシロの霊を慰めるために、葛原山腹に老犬神社を建てたと伝える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です