秋田県大潟村字方上

2015/08/28取材

 

大潟富士は、平成7年(1995)に築造された日本一低い人工の山で、ふもとから山頂までの高さは、3.776mで、ちょうど富士山の千分の一の高さで、山頂の標高は海抜0mであり、かつての八郎潟の湖面を表している。

大潟村は、湖であった八郎潟を干拓した湖底に誕生した。そのため堤防以外の土地は海面より低くなっている。大潟富士の山頂からは、海抜0mといえ、干拓地の広大な風景を楽しむことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です