秋田県男鹿市男鹿中滝川字藤巻台

震災前取材

 

寒風山の火口部には、かつて水があり、古玉の池と呼ばれており、その近くの尾根は蛇越長根、中腹の池は新玉の池と呼ばれている。この地には、火山活動を思わせる次のような伝説が伝えられる。

寒風山のふもとに、お玉と云う美しい娘が住んでいた。このお玉に、この地の庄屋が懸想し、しつこく言い寄ってきた。立場を考えれば無下にするわけにもいかず、お玉はついに窮して寒風山の池に身を投げ、大蛇になったという。

しかしその後、その池の水がなくなり、大蛇になったお玉は蛇越長根を越え、この池に移り住みついた。その後、美しい女が、この池の岸辺の葦の穂かげにあらわれ、衣を洗い布をさらしているのを見たものがいるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です