秋田県大仙市太田

2016/09/24取材

 

この地域では各所で「おにょ様」が見られる。もとは「お仁王様」から「おにょ様」となったとされ、この地域や家を守る、道祖神の役割を持っているようだ。

その姿は様々で、藁で出来ているもの、木でできているもの、顔だけのもの、全身像のものなどなど。もとは寺の入り口に立ち、仏敵を退散させるものだったようだが、道祖神の役割を担ったことからか、今は、道の辻、集落の入り口、家の敷地内にと立てられ親しまれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です