青森県藤里町藤琴字大落

2017/05/12取材

 

県道317号線の沿道に峨瓏親水公園があり、絶壁の続く峨瓏峡から藤琴川へ流れ落ちている、高さ約12mの滝である。

この地の滝の沢神社は、永年10年(1780)に建立され、祭神は不動明王、火産霊神である。紀行家、菅江真澄もこの地を訪れ和歌を詠んでいる。

零る雪か 花かあらぬか やま風に さそわれてちる 滝のしら泡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です