秋田県能代市檜山字蟹沢

震災前取材

 

国清寺は、永正元年(1504)頃、安東忠季によって創建された檜山安東氏の菩提寺だったが、安東氏は、関ヶ原の戦いの後、佐竹氏の秋田転封のあおりを受けて常陸へ移封されたため廃された。

現在、その跡地とされる場所にはイチョウの古木一本のみが残り、周囲は水田になっているが、昭和55年(1980)、檜山安東氏城館跡と一括して国の史跡に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です