秋田県能代市檜山字檜山町

震災前取材

 

浄明寺は、永正年間(1504~21)に、安東一族の西道により創建された檜山安東一族ゆかりの寺院である。四世の成就坊は、秋田実季の次男だと伝えられる。境内には、浅利勝頼の首塚がある。

山門は、「城下がりの門」と呼ばれ、檜山城の城門が移築されたものと伝えられる。切妻造の一間薬医門で、県の有形文化財に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です