秋田県井川町井内字菅生沢

震災前取材

 

井川町井内の集落の中心部にある井内神社後方の小高い丘陵地に位置する。築城時期、築城者など詳細は不明であるが、 地域的には、檜山安東氏と湊安東氏の挟間で揺れ動いた地域の館と考えられる。

東西130m×南北100mの範囲に館構造遺構が認められ、主郭南側は急崖で守られ、西側には井川が流れる。主郭東側には土塁跡が見られる。主郭の東側には二ノ郭が存在し、主郭と二ノ郭の間には三ノ郭が北側にせり出して位置している。二ノ郭の東側も郭だったと思われる。

現在は公園として整備されており、主郭部には東屋が置かれ、井内の集落が一望できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です