秋田県潟上市飯田川飯塚字中山

震災前取材

 

この観音堂は、室町時代末期に八郎潟の東岸に建立された後にこの地に移転されたと伝えられる。現在の観音堂は、江戸中期の享保19年(1734)に再建されたもの。

一間社で、屋根は入母屋造り、正面は唐破風の向拝をつけ、小堂ながらかなり凝った造りで、蟇股や海老虹梁などには彫刻が施されている。堂には白狐のミイラが大切に保存されていると云う。

昭和27年(1952)、国の重要文化財に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です