秋田県秋田市泉三嶽根

震災前取材

 

天徳寺は、秋田久保田藩主佐竹氏の菩提寺である。

寛正3年(1462)、常陸太田に創建された。その後、佐竹氏の秋田移封に伴い、慶長7年(1602)、現在の秋田市金照寺山に移った。しかし寛永元年(1624)、火災により総門を残して全焼、翌年現在地の泉山に移った。その後、延宝4年(1676)に再び火災が起こり、総門と山門を残して全焼、9年の歳月をかけて再建され、現在に至る。

寛文12年(1672)に本堂西の墓所に佐竹家の霊屋が建てられ、歴代久保田藩主と夫人の霊が祀られている。

総門は創建当時のもので、本堂、書院、山門、佐竹家霊屋とともに重要文化財に指定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です