秋田県秋田市八橋本町六丁目

震災前取材

 

面影橋は。秋田市を流れる草生津(くそうず)川に架かる橋で、かつてはここを羽州街道が通っていた。

藩政期には、この橋から100mほど寺内方向に進んだところに秋田久保田藩の処刑場があった。罪人は牢舎から市中を引き回され、この橋のたもとにあった「弥六そば屋」で最後の食事をとり処刑場に引き立てられた。この時、罪人が川に映る自分の面影を今生の見納めとしたことから「面影橋」という名前がつけられたとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です