秋田県仙北市角館町古城山

震災前取材

 

佐竹氏が秋田に移された際に、佐竹義宣の弟で会津の葦名氏に養子に入り伊達政宗に敗れた葦名盛重(後の義勝)が佐竹氏の同族として角館に入った。

葦名家には代々狐にまつわる伝説があった。那須野に九尾の狐が住み着き、婦女子をさらうなど悪事を重ねていた。那須の領主は朝廷にこの九尾の狐の退治を願い出た。

この九尾の狐は、かつて鳥羽院のそばに仕え、鳥羽院を殺そうとして陰陽師の阿部泰成との対決に破れ逃げた「玉藻の前」だった。朝廷は、葦名氏の祖先の三浦介義継らに軍勢を与え那須野へ向かわせた。三浦介らは、犬追物で騎射を訓練し、目的物に必ず命中し刺さったら抜けない矢を得て、九尾の狐を射殺した。九尾の狐はその姿を巨大な毒石に変え、その後も毒をはき続けた。

三浦介義継は、この功績により大名にとりたてられたが、その祟りが代々不幸をもたらすと云われ、葦名盛重は角館に移ってからも城山中腹にこの稲荷神社を建立した。九尾の狐の祟りかどうかはわからないが、葦名氏は盛重から三代目の葦名千鶴丸の死により嗣子がなく断絶した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です