秋田県大仙市北神岡字船戸

震災前取材

 

慶長9年(1604)、徳川幕府は諸藩に命じ、街道を整備して一里塚を築かせた。江戸の日本橋を起点として、三十六町(およそ4km)ごとに、街道の両側に土盛りを築き、木を植えて標点とした。

この旧羽州街道の神岡一里塚は、江戸から数えて133番目に当たるといわれ、秋田領に入ってからは21番目である。土盛りの大きさは直径およそ10m、塚木はサイカチで、両側にこのように残っているのは、秋田県内ではここだけである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です