みちのく悠々漂雲の記-山形県-「新庄・尾花沢」のページです。

新庄市
まかどの地蔵 飢饉でウンカになった餓死者の供養地蔵
角沢口古戦場 庄内勢と新庄勢との戊辰の古戦場
出世稲荷 丁稚小僧の出世の願いをかなえた稲荷
鳥越館 東根から移った小田島氏一族の居館
鳥越八幡神社 新庄藩戸沢氏が城下の鎮めとして建立
鳥越一里塚 羽州街道の新庄城下入り口の一里塚
柳清水 芭蕉も立ち寄った清涼の清水
渋谷風流宅跡 松尾芭蕉が二泊した豪商の邸宅跡
新庄城址 新庄藩戸沢六万石の居城
本合海 最上川舟運の要の地、芭蕉乗船の地
八向楯跡 本合海の白い断崖上の合海氏の城
戸沢家墓所 新庄藩主戸沢氏の廟所
矢向神社 源義経が平泉への途中伏し拝んだ神社
判官神社 義経一行が亀割峠に向かう途中休んだ地
尾花沢市
延沢銀山跡 一時は、佐渡、石見、生野に匹敵した銀山
銀山温泉 大正浪漫の時代を残す旅館街
猿羽根山地蔵 猿羽根峠の日本三大地蔵
御所神社 佐渡から逃れた順徳天皇を祀った神社
天子塚 佐渡から逃れた順徳天皇の陵とされる塚
徳良湖 堤の工事から生まれた花笠音頭発祥の地
一本杉 応神天皇皇子、大山守命の伝説
山刀伐峠 山賊が出る道と芭蕉が緊張の中通った峠
鈴木清風宅跡 「志いやしからず」の鈴木清風の屋敷跡
養泉寺 芭蕉が7泊し旅の疲れを癒した寺院
大石田町
高野一栄邸跡 芭蕉が「五月雨を…」の句を詠んだ地
聴禽書屋 大石田を愛した斎藤茂吉が住まいした書屋
大石田河岸跡 多くの舟が行き来した最上川舟運の中継地
乗船寺 斉藤茂吉が愛した大石田河岸の寺
向川寺 天狗伝説も伝わる大石田の古刹
延沢城城門 最上氏家臣延沢氏の居城の城門
舟形町
山ノ神 脱盟した新庄藩が庄内藩を迎え撃った地
猿羽根館跡 最上義光に謀反し断絶した猿羽根氏の本拠
戊辰舟形口古戦場 新庄藩船形口での新庄藩と庄内藩の戦い
戊辰官軍の墓 新庄藩士とともに戦った長州藩士の墓
猿羽根峠 新庄藩境石が残る羽州街道の難所
羽州街道(猿羽根) 街道の難所猿羽根に残る羽州街道の名残
最上町
富沢馬頭観音堂 歴代領主の庇護を受けた馬産地の馬頭観音堂
富沢のトチノキ その実が馬の眼病に効くと信仰を集めた栃ノ木
万騎ノ原古戦場 山形の最上氏と小国を領した細川氏の古戦場
小国城跡 小国郷を治め最上氏に滅ぼされた細川氏の城
封人の家 芭蕉が宿した馬と一つ屋根の江戸期の農家
薬研湯 弁慶が掘り当てた亀若丸の産湯
弁慶の硯石 亀若丸の命名の折に弁慶が墨をすった硯石
弁慶の投松 弁慶が亀若丸の誕生を祝し峠から投げた松
山神社 義経の北の方が産後の養生をした地
瀬見温泉界隈 弁慶の開湯の伝説を持つ温泉
亀割子安観音 義経の北の方が逃避行中に出産した地
金山町
神室山 伝説を多く持つ鳥海山と並ぶ修験道の山
竜馬山 竜馬の伝説を持つ山岳信仰の岩山
平弋の里 嵯峨天皇の伝承を伝える古代宿駅の地
大三輪の大杉 金山杉の産地の面目を示す大杉の美林
仙台藩戊辰戦碑 戊辰戦役で戦死した仙台藩士の供養碑
仙台藩本営地 秋田から攻め込む政府軍との激戦地
金山界隈 「美しく古びる」誇り高い金山杉の町並み
金山城跡 最上氏の小野寺氏に対する拠点の城
金山城大手門 中世の面影を濃く残す金山城の長屋門
森合峠 戊辰戦争の戦場となった秋田と山形の境の峠
谷口銀山跡 新庄藩の財政を潤した金売り吉次発見の銀山
羽州街道(日当) 羽州街道金山近くに残る街道の面影
真室川町
お化け石 切支丹の娘の悲劇を伝える十字石
及位戊辰古戦場 雄勝を南下する新政府軍と同盟軍との戦場
鮭延秀綱の墓 情にも篤い最上の知勇兼備の将
鮭延城跡 最上の名将鮭延秀綱の居城
大蔵村
清水氏代々の墓 武藤氏、小野寺氏に対した最上氏一族清水氏
小松渕 新庄藩主の命で退治された大蛇の伝説
岩神大権現杉 川を遡った大杉の伝説を持つ神木
白須賀館跡 最上氏一族の満久が入部した当初の館
地蔵倉 肘折温泉の地名由来の開湯伝説
清水御前の墓 最上義光を最後まで支えた清水御前
要の松 巨大な緋鯉が棲むと伝える最上川の渕
金刀比羅神社 最上川舟運の要衝に祀られた航行安全の社
清水本陣跡 西郷隆盛も使った水陸両路の要の地の本陣
清水城跡 最上義光三男の義親が兄の家親に討たれた城
戸沢村
古口館跡 最上川の要地を押さえた秋保氏の居城
白糸の滝 芭蕉が最上川を下って名句を残した地
仙人堂 常陸坊海尊の仙人伝説が残る
最上峡 義経が芭蕉が舟で通った景勝の地
戸沢舟番所跡 芭蕉が舟を乗り継いだ戸沢藩の舟番所

78件