小説「蟠龍雲に沖いる」のページです。

全話、短編から構成されています。
順次アップしていきますので、歴史散策とともにお楽しみください。

大阪の陣後、天下は徳川のもとで
磐石のものになるものと誰もが思っていた。
しかしその陰で、
歴史は天下の覇権を巡って激しく動いていた。
奥羽に蟠龍雲を呼ぶ!!
歴史に埋もれていった多くの者たちが
蟠龍のもとで動き始める。


スポンサーリンク

第一章:南部攻略の章


第一話,留守宗利,郡山城急襲




第二話、後藤寿庵、嵐の前の降誕祭




第三話、白石宗直,花巻城を包囲攻撃す




第四話、柏山明助、悲運の花巻城