相馬義胤には伊達稙宗の娘が嫁いでいた。義胤にとって稙宗は岳父に当たり、そのため天文の乱の際には相馬氏は稙宗側に付いた。乱の後、伊達の本拠は米沢に移り、稙宗は伊具郡の丸森城を隠居城とし、稙宗の世話は相馬氏が行った。
稙宗の死後、伊達氏は伊具郡は伊達氏に所属するものとして相馬氏に返還を要求したが、稙宗を最後まで世話した相馬氏にとって呑める話ではなかった。ここに伊達氏と相馬氏は、伊具郡の稙宗遺領を巡って争うようになった。

伊達氏が米沢に去った後は、仙道地域は混沌としていたが、伊達輝宗は、仙道地域で、かつての陸奥守護職としての立場を回復しつつあった。輝宗は幾度か相馬氏と対峙したが、相馬盛胤、義胤父子の戦上手に苦しみ、戦局はなかなか好転しなかった。
天正7年(1579)、輝宗は相馬氏の切り崩しを図り、田村清顕の娘の愛姫を嫡男政宗の正室に迎え、田村氏を味方につけて、天正10年(1582)には周辺領主の調略に成功、天正11年(1583)5月、伊具郡に攻め込んだ。

輝宗は思うところがあり、この戦には嫡男政宗とその若き家臣らもともに引き連れていった。政宗にとってはこの戦が初陣だった。草生す初夏の伊具郡の金山の野で、政宗とその若き家臣らにとって初めての大いくさの火ぶたが切られた。

この戦いでの政宗ら若き軍団の活躍はすばらしく、輝宗の期待を裏切らなかった。しかしこの戦いで、政宗は敵兵を深追いし、逆に敵兵に囲まれてしまったことがあった。そのとき片倉小十郎景綱は「我こそが政宗なり」と進み出て相手を引き付け、政宗の窮地を救ったという。
この翌年の1月、伊達勢は残敵が籠る金山城を攻めることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です