大槻習斎の跡を受け養賢堂学頭になった大槻磐渓は 1801年、大槻玄沢の次男として生まれました。江戸の昌平黌に10年学び、林述斎や、京都の頼山陽からもその才を高く評価されました。父玄沢は、オランダ語を、当時の学術用語である漢文体の文章に翻訳させるため、彼を漢学者として育てたとも伝えられます。一時は蘭学を目指し、藩に長崎遊学を願い出ましたが、当事長崎はシーボルト事件で騒然としており、その願いはかないませんでした。また、西洋砲術に興味を持ち、「文武両刀たらん」と砲術家の高島秋帆の門人江川英龍に入門し、その後学頭になりました。

1854年にペリーが浦賀に再来航すると、仙台藩の命を受けて浦和に出向きこれを見聞しました。吉田松陰とも交流があったらしく、松陰は黒船に乗り込むための奇策を磐渓に相談したともいいます。

22歳の頃、仙台藩校の養賢堂に入り、指南役見習に抜擢されました。磐渓は、西洋の技術を取り入れ富国強兵を目指す開国論でしたが、当時の世論は圧倒的に攘夷論が優勢であり周囲からは多くの非難を浴びました。仙台藩でも、討幕派と佐幕派の抗争があり、結局、藩主伊達慶邦は、開国を目指す佐幕派の意見を入れました。その後磐渓は、1865年、養賢堂の学頭に就任し、その発言は仙台藩の執政に対しても大きな影響力を持つようになっていきました。

この磐渓の教え子に、玉虫左太夫誼茂(よししげ)がいました。左太夫は、1823年に、鷹匠組頭玉虫平蔵の末子として生まれました。左太夫は生まれて間もなく父を亡くし、窮乏をきわめ、仙台藩士の他家へ養子に入りその家の長女と結婚しましたが、この妻にもはやくに死に別れました。23歳のときに意を決し上京し、様々な職を得ながら勉学に励み、幕府の最高儒学者・林大学頭の塾に入り、塾長にまでのぼりつめます。1857年、幕府の函館奉行に随行して、蝦夷地を踏査し、その地理や集落、風俗などを詳しく記録した『入北記』を著します。左太夫のこの記録は、詳細でかつ正確であり、左太夫のこの記録の才能は大いに評価され、また林家や幕府役人とのつながりもあり、37歳のとき、勝海舟、福沢諭吉、ジョン万次郎らとともに、日米修好通商条約の批准書交換使節団に選ばれました。

左太夫は、この使節団に随行し、使節がハワイに立ち寄った際、中国人の商人からイギリス・フランスの中国侵略の話を聞き、「列強国は、虎や狼に等しく、日本人も気をつけた方が良い」と助言されました。左太夫は、これを聞き、自分のなすべきことは「今次ノ航海、其事情ヲ探グルヲ以テ第一トス」と決心しました。左太夫は、アメリカの国会議事堂、博物館、造船所、病院、印刷所などを見学し、それを詳しく記録し、またさらに、その歴史や政治経済の諸制度までをも調べ、「航米日録」としてまとめました。その膨大な記録は、維新に入ってからも重用されたと云い、貴重な歴史資料として現在に残されています。いずれにしても、これで日本は通商条約批准書交換を終えて、日本の長い鎖国の歴史に幕を閉じました。

左太夫は帰国後大番士となり、のちに養賢堂指南統取となり、これらの体験を通じて、日本にとって近代化が必要なことを論じ、蒸気機械製造所を建設して水力と火力を利用し、物産の増産を図り、外国人を雇い技術を学ぶことの必要性を説きました。列強国からの植民地化を防ぐためには「富国強兵」策が急務であり、そのためには誰もが参加できる自由貿易が必要だと論じました。

この時期の養賢堂の学頭は大槻磐渓で、磐渓の考えもほぼ同様なものであり、ただ、アヘン戦争などで評判の悪いイギリスやアメリカとではなく、当時、比較的親日的に貿易を求めていたロシアと接近し、貿易を通じ日本の国力を高めると云う、いわば親露開国でした。

また、東北の諸藩は、この以前から幕府に蝦夷地警備を命じられ、たびたび蝦夷地に兵を出していました。1854年、幕府は日米和親条約を締結し、実質的に開国の道を選び、ロシアとは、択捉、ウルップ両島の間を両国の国境とし、樺太を両国雑居の地と定めました。このため、ロシア勢力の南下が予想されたことから、幕府は仙台、秋田、南部、津軽の諸藩に対して蝦夷地の分担警備を命じました。

仙台藩は、東蝦夷地の白老から知床岬まで一帯の地と択捉、国後の島々を持ち場とし、白老に陣屋をおきました。しかしこの蝦夷地進出には莫大な費用がかかり、仙台藩では、長期にわたって警備を続けるために東蝦夷地一帯を領地として与えるよう幕府に願い出、1859年に許可されました。

仙台藩は、遠い京都での薩摩や長州による尊王攘夷の動きや倒幕の運動は、現実的な意味で列強諸国に対することができるものとは考えていなかったと思われます。藩財政が逼迫していた仙台藩にとっては、むしろ、蝦夷地を開拓し、ロシアと貿易を行い、近代化を進めることが急務と考えていたと思われます。

この困難な幕末時期に、但木土佐成行(なりゆき)は仙台藩の筆頭家老として仙台藩の舵取りを行いました。但木土佐は仙台藩の重臣の家系で、戊辰の危機に当たり奉行に挙げられ、国政を執行し、軍事を総官しました。当時の仙台藩の財政は最悪の状態で、但木土佐は、1862年には、10万石の分限で表高62万石の仙台藩を運営することを宣言し、緊縮財政を断行しました。この緊縮財政に加えて殖産興業政策によって藩財政建て直しをはかり、以後、藩主の信任を得て仙台藩幕末維新期の政局を担っていきます。

但木土佐もまた、左太夫と同じく、養賢堂で大槻磐渓の薫陶を受けていました。破綻した仙台藩の財政は、藩の尊王攘夷派が主張するような、藩主自らが上洛して中央で活動できるような状況ではありませんでした。また但木土佐の考えは、大槻磐渓の考える「開国」「富国強兵」と同様のものであり、そしてそれは、徳川幕府を改革し、穏健に進められるべきとの考えだったようです。実際に列強諸国をつぶさに観察してきた左太夫の客観的な話は、その裏づけともなったと思われます。

当時の状況は、客観的に考えれば、「開国」は動かすことができない時代の流れであり、日本を、列強諸国の植民地化から守るためには、欧米の文明を早く取り入れ、「富国強兵」策をとりいれるしかなかったことは、その後の歴史が証明しています。しかしこの時代は、客観的な冷静な理念ではなく、尊皇攘夷の激しい感情の中で動いていました。

あるとき、但木土佐のもとに、同じ養賢堂出身の、攘夷派の星恂太郎がたずねてきました。恂太郎は仙台東照宮の星家に生まれ、小柄で色が白く瞳の大きい、婦女子のような容姿でしたが、性格は豪爽で、人の下に屈するを嫌い、強者を抑え弱者を救うを元とし、酔えば詩を吟じ、それは聴く者の感嘆を誘ったといいます。仙台藩の中でも強硬な攘夷論者で、開国派である大槻磐溪や但木土佐の暗殺を計っていました。但木土佐は、たずねてきた恂太郎を自分を狙う攘夷論者と知りながら屋敷にあげ、開国の理を説き、恂太郎に対し、「余を以って売国奴となすと憂国の情、真に愛すべし。然れどもおしいかな。子(し)は仙台の小天地に棲息し未だ世界の大勢に暗く、眼孔小にして識見陋(ろう)なり。未だ真成の憂国の士と称するに足らず。子、今より知識を世界に求め、真の憂国者たれ」と諭し洋兵学を習うことをすすめ、その後援助したと云います。

恂太郎もひとかどの人物であり、考えを異にする但木土佐の言葉を受け入れ、江戸で西洋砲術や洋式の銃隊編制調練などを学び、さらに諸国を遊歴して各藩の兵備を視察し、その後仙台で洋式銃隊を編成し、函館戦争に出向くことになります。

この時期、薩摩藩、長州藩を中心とした倒幕の流れは予想以上に速く進んでいきました。 1867年徳川慶喜が大政奉還を行うと、但木土佐は、列強が虎視眈々と日本を狙っている中、内乱を起こすべき時にあらずと、四方に奔走し、朝廷にも平和裏に事を収めるよう建白書を提出しました。しかし、その意見が聞き入れられることはなく、王政復古の大号令が発せられました。翌1868年1月の鳥羽伏見の戦いでは、錦の御旗を掲げた薩摩、長州藩兵を中心とした新政府軍が幕府軍を圧倒し、2月には江戸へ向けて進軍を開始、4月には江戸城は開城しました。

この時期の、新政府の東北諸藩に対する対応は厳しいものでした。会津藩は、京都守護職及び京都所司代として京都の治安を担当し、京都見廻組及び新撰組による尊王攘夷派の弾圧を行ったことは、特に長州藩のうらみを買っていました。また、薩摩藩邸を焼打ちし、薩摩浪士を討伐した庄内藩は、薩摩藩からの恨みをかっていました。新政府はこの薩摩藩、長州藩が中心であり、会津藩と庄内藩は、新政府軍との戦闘を見越し同盟を結んでいました。しかし仙台藩は、アジアの植民地化を進める列強諸国が看視している中での内戦は避けるべきとの考えから、戦争の回避に奔走しました。

しかし、新政府は、仙台藩、米沢藩をはじめとする東北地方の諸藩に会津藩追討を命じ、鎮撫使と新政府軍部隊を仙台に派遣しました。新政府軍は、仙台城下で強盗、強姦などの乱暴狼藉をはたらくものが多く、仙台藩士らは怒りをつのらせていました。新政府は、仙台藩に対し強硬に会津出兵を迫り、これに対し但木土佐は会津に謝罪させようとしましたが果たせず、仙台藩は会津藩境に出兵しました。しかしこの間も米沢藩等とともに会津藩と接触を保ち穏便な解決を模索し、会津藩は一旦降伏しました。仙台藩は、奥羽諸藩とともに会津藩、庄内藩赦免の嘆願書を新政府に提出し弁訴しましたが、参議世良修蔵らはこれを許さぬばかりか、仙台藩、米沢藩を朝敵とし「仙米賊」と呼び、また奥羽一円を掃蕩する計画が世良の密書により発覚しました。仙台藩強硬派はこれに激怒し、世良を捕縛して処刑し、ここにいたって、奥羽越列藩同盟は新政府軍に抗することを決し、但木土佐の苦心は水泡に帰しました。

左太夫は、戊辰戦争が勃発すると、軍務局副頭取となり、奥羽越列藩同盟の成立のため尽力していました。また、戦いが避けられない状況になると、大槻磐溪や但木土佐の意を受けて、「北部政権」とも云える構想の実現に奔走しました。これは、奥羽越列藩同盟に蝦夷地も含め、上野戦争から仙台に逃れていた孝明天皇の弟である輪王寺宮を東武皇帝として擁立し、薩長中心の新政府と一線を画す政権構想でした。4月にはこの構想は動き始め、輪王寺宮は6月には奥羽越列藩同盟の盟主となり、7月には白石での列藩会議に出席しています。

北部政権構想の概略
盟主…輪王寺宮、総督…仙台藩主伊達慶邦、米沢藩主上杉斉憲、参謀…小笠原長行、板倉勝静、政策機関…奥羽越公議府(白石)、大本営…軍事局(福島)、最高機関…奥羽越列藩会議

しかし、薩長を中心とした新政府軍の動きは早く、5月には越後長岡が占領され、同盟軍が押さえていた白河城が市政府軍により奪還されました。6月には新政府軍はいわきに入り棚倉を占領、7月には秋田藩、新庄藩が同盟を離脱、三春藩は降伏、二本松城は落城しました。8月には相馬藩も降伏し、新政府軍は仙台領の間近に迫っていました。

この時期、星恂太郎は仙台藩へ呼び戻され、西洋流銃術指南役として召し出されました。この頃仙台藩には、但木土佐の命により洋式の調練を受けている部隊がありましたが、その装備も訓練も十分ではありませんでした。また、戦況が逼迫していく中で、訓練も装備も十分でないまま前線に出てしまっていました。

仙台に戻った恂太郎は、すぐに藩士の中から家長と長男を除いた次男、三男で三十歳以下の者を募ったところ800人が集まり、養賢堂学頭の大槻磐渓はこれを額兵隊と名付けました。恂太郎は、この額兵隊の司令となり、イギリス式調練を行いました。その制服は、イギリス軍を模したもので、平時は赤い軍服で戦闘時は服を裏返して黒い軍服にする、いわゆるリバーシブルだったといいます。

洋式歩兵銃隊の額兵隊は、いわば仙台藩の切り札として期待され調練されていました。同盟軍は、旧装備のまま、準備も不十分なまま新政府軍と戦い、諸所で敗退を重ね、ついに新政府軍は仙台領の境にまでせまっていました。ここで額兵隊に出陣の命が下りましたが、恂太郎は準備が不十分としてこれを拒否し、兵器と銃弾の準備を急がせました。

8月にようやく準備が整い、藩に出陣の命令を出すように督促しましたが、この時すでに、藩は降伏帰順に傾き始めていました。恂太郎は城下で大掛かりな訓練を行い、降伏帰順派を牽制しましたが、9月に城中に召し出され、降伏帰順が決まったことが告げられました。恂太郎はこの知らせに憤然とし、兵を招集し、額兵隊は藩主の命も振り切り養賢堂を出陣しました。

その後恂太郎ら額兵隊250人は脱藩し、仙台藩石巻に寄港していた榎本艦隊と合流し、函館に向かいました。恂太郎ら額兵隊は彰義隊や、新撰組の土方歳三らとともに旧幕府軍の主力部隊として函館戦争を戦い抜きましたが、旧幕府軍は結局破れ新政府軍に降伏しました。

9月15日、仙台藩は降伏し、9月22日、会津藩も降伏しました。大槻磐渓や但木土佐、玉虫左太夫らが描いた北部政権の夢も画餅に帰しました。しかし、養賢堂の中で描かれた、列強による支配から日本を守るための「富国強兵」の政策は、その後の明治維新の政策の根幹となってゆくことで、彼らの主張は正しかったことが証明されて行くことになります。養賢堂は仙台藩の心の支えでもありましたが、薩長軍を中心とする新政府軍が進駐することになり、一説によれば、薩長兵たちによって踏み荒らされるのを危惧した仙台藩士たちは、その象徴としての正門を解体し隠したと云います。

戦後、戦いに敗れ朝敵とされた仙台藩士たちには、地獄の日々が待ち受けていました。勝利におごった新政府軍は各所で乱暴狼藉をはたらき、それを止めようとした藩士や領主は死罪になり、その領内の藩士の多くは新天地を求め蝦夷地に去りました。また仙台藩は200万両という莫大な借財を抱え、窮乏した藩士たちの中には、新政府軍の要請で国分町に開かれた遊郭に娘を売るものも出ました。戦線から帰った藩士たちは、各地に四散し隠れ、養賢堂の多くの有為な才能も新時代に生かされることは稀でした。

恂太郎は捕らえられ幽閉されましたが、後に許され、他の仙台藩士と共に蝦夷地に渡り開拓作業に従事しましたが、その後不遇の内に若くして仙台で没しました。玉虫左太夫は責任を問われ、1869年に切腹を命じられその生涯を終えました。最後まで内戦を避けようとして東奔西走した但木土佐は、戦犯として東京に拘禁され、同年、その罪を一身に背負い、叛逆首謀の罪で斬刑に処されました。辞世の句に残された雅号は、死の前に、国敗れた後の故郷の七ツ森を見たのかもしれません。

雲水の行衛はいつこ武蔵野の  たた吹く風にまかせたらなん  七峯樵夫

大槻磐渓は投獄されましたが、高齢でもあり許され、東京本郷に住み文筆の日々を過ごし、文明開化の時代を傍目に見ながら、時折、但木や玉虫らとともに主張してきたことが「やはり正しかった」ともらしていたと云います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です