2013/01/01

 

あの大震災以来、津波で大きな被害を受けた海岸近くには、めっきり出かけることは少なくなった。復旧、復興は遅々として進まず、今は何もないかつての人々の暮らしの跡を見ると、胸が痛くなるばかりだ。

実は、この日に撮った写真は、胸苦しさを覚えながらムービー化し、「みちのく悠々万歩計」サイトに掲載したがそこまでで、この取材日記に記録することもつらく、ようやく5月に入ってこの記事を書いている始末だ。

この日は、新年を迎えるにあたり、その復興の遅れを伝える必要もあると強く思っていたこともあり、牡鹿半島の先端で初日の出を拝み、その帰途、鮎川、女川の現状を写真に収めようと真夜中、車を走らせた。女川に入り、真っ暗闇の「荒野」を突っ切り半島部に入った。

夜の半島部の道に、あちこちに鹿の目が光り、鹿達が我が物顔に道路に群れている。多くの人々がこの地を離れ、この夜の道を走るものも少なくなったせいだろう。牡鹿半島は、鹿達にとってはパラダイスになっているのかもしれない。この地では今は鹿達が主役になっているようだ。

鹿達に遠慮しながら走り、ようやく半島の先端部に着き、薄明かりの中、三脚を出し、ポイントをさがし、カメラを用意した。金華山が驚くほど近くに黒い影を見せている。薄闇の中に、巨大な津波を運んだ海が茫漠と広がっている。

明るさが増すにつれて、この地域の人々だろうか、初日の出を拝みに集まってきた。天気はすっきりと晴れているが、外気は防寒服を着ていても切るような寒さだ。

東の空が一際赤みを増し、太陽の先端がはるか海の彼方に頭を出すと、一気に明るさが増した。息を呑むほどに、憎たらしいほどに美しい。しかしこの日の出を見る方々に、どよめきや、まして浮かれた叫び声などはなく、多くの人々が手を合わせた。私もシャッターを切って、手を合わせた。

このとき、手を合わせた人々の気持ちは同じだったはずと思う。まずは多くの犠牲者の冥福を祈ること、そしてこの地の復興への思いだったろう。新年に向けて、私的な欲望の成就を願った者はいなかったろうと私には思えた。

日も上り、三々五々人々が立ち去って行く中で、一組の若いカップルが寄り添い、話するわけでもなく上っていく太陽を眺めていた。それは、この地の復興のシンボルにも思え、後ろからそっとシャッターを切った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です