2012/11/05

 

歴史散策⇒馬仙峡

田子町から国道4号線に戻り、岩手県に入り馬仙峡を目指した。

馬仙峡は二戸市にあり、馬淵川清流の景勝地であり、男神岩、女神岩が有名である。朝はまだ少し天気はよくなかったが、昼近くから少し青空も出てきていた。この日の馬仙峡は、どのような姿を見せてくれるのだろうか。北の地の紅葉の時期は短く、すでに紅葉から落葉になりつつあったが、それでも国道沿いの山々の紅葉は十分に美しい。

この二戸は南部氏一族の九戸氏が支配していた地だ。そしてこの二戸の九戸城を舞台として九戸政実の乱が起きた。乱の鎮圧後は、九戸城は南部氏が支配し福岡城と改称したが、南部氏が盛岡に移ったこともあり、この地で福岡城と呼ぶものはなく、九戸城と呼ばれている。

この二戸は、江戸時代には南部領ではあったが、この地の人々にとっては、九戸政実の乱は鮮烈なものであったろう。蒲生氏郷や浅野長政などの錚々たる中央の10倍もの敵を引き付け戦い、善戦し窮地に追い込んだのだ。乱後、九戸氏の勢力は一掃されたものの、この地の人々は、中央軍を引き込んだ南部氏よりも、善戦した九戸氏に対して心中で喝采したのだろう。

そんなことを考えながら二戸の市街地を過ぎると、左手に紅葉の馬仙峡が見えてきた。馬仙峡は景勝地として有名なので、それなりの観光施設があるものと思い込んでいたが、馬淵川沿いにはそれらしいものはなく、ごく普通の生活が営まれているだけだ。この景勝地を日常に取り込んでしまっているこの地の方々の意識は、それはそれですごいものだなどと考えた。

撮影ポイントを探しながら渓流沿いに車を走らせ、空に屹立する巨岩と紅葉と渓流の織りなす絶景を半ば呆然としながらカメラに収めた。新緑時や厳寒時にも見事な風景がみられるだろう。途中、「男岩女岩展望台」の表示板を見つけたが、少し距離があるようだったので行かないでしまった。

帰ってきてからのことだが、気になって「展望台」を調べたところ、その「展望台」は、馬仙峡と男岩、女岩を足下に臨める絶景の地だったようだ。地元の方々が、わざわざ表示板を立てているような自慢の地は、やはり訪れるべき場所なのだということを改めて思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です