スポンサーリンク

 

仙台城を「攻略する」とだいそれた考えのもとに仙台城を幾度か歩いてみた。その中で納得のいかないことが多数出てきている。そして考え到ったのが、仙台城は未完成ではないのかということだ。

仙台城は、伊達政宗が築いた近世の城だ。そして近世の城郭としてはあまり例のない「戦いの城」である。どう見ても、中世の山城を近世に持ち込んだものだ。

この城には天守閣がない。その代わりに天守台があり、将来的には天守閣を建てる予定であったと伝えるが、果たしてそうなのか。

近世の城郭での天守閣の役割とは、治世の城として、領内に威厳を示すことが最大の目的だったろう。この天守閣の構想があったとされる天守台は、仙台城本丸の西端にある。その場所は、たとえ会津若松城のような巨大な天守を築いたとしても、城下中心部からこれを臨むことは困難な位置にある。これはそもそも、政宗は仙台城を治世の城としては考えてはいなかったということではないのか。

仙台城大手口大橋

近世においては、天下をかけての大戦さの場合、城攻めには大砲が用いられることは当然の時代になっていた。大阪の陣において、徳川方は大阪城に対して大砲を使用し、政宗はそれを目の当たりにしている。また関ヶ原の戦いの折の徳川による上杉討伐に対し、上杉景勝は、会津若松城の近くに山があり、そこからの大砲による攻撃を受けることを懸念し、戦いの城を別に求めている。事実、その後の戊辰戦争の時には、新政府軍はその山に大砲の陣地をすえて、会津若松城の天守閣は格好の目標にされた。

仙台城を大手口のある東側から攻めようとするとき、広瀬川東岸に兵を配置することになる。しかしこの仙台城東側は平坦地が続き、高台はない。現在仙台市天文台がある西公園あたりに砲台陣地を築いたとして、本丸までの距離はおよそ800mほどで、射程距離としては十分ではあるが、比高差はおよそ100mある。当時の大砲の性能で、有効な攻撃はできなかっただろう。逆に、本丸部に砲台を据えれば、城側からの大砲による攻撃は極めて有効なものだったろうと思われる。

近代戦における戦いの城に、政宗は天守閣が必要とは考えていなかったと私は思う。それでは政宗が考えた仙台城は、天守閣を持たない、今に伝えられるものが完成の形だったのか、やはりそうは思えない。城下から見ることが出来ない、西端の天守台にその謎を解く鍵があるように思える。

切通し

伊達政宗が仙台城を築いた折には、二の丸、三の丸はまだ造られてはいなかった。二の丸は二代藩主伊達忠宗の時に建造されたもので、治世の府としての役割を負ったもので、防御的にさほど優れているとは思えない。三の丸は、大橋や沢の郭の防御に何らかの役割を持っていたようにも思え、政宗の時代もなんらかの手は加えられたのではと推測している。

現在残る仙台城の跡を見れば、それはそれで一つの山城として形は成している。東、南、北は断崖絶壁に囲まれ、この三方からの力攻めはまず無理だろう。巷間言われているように、仙台城の弱点は尾根続きの西側、御裏林だろう。もちろんこちらから攻め込むとしてもそう容易なことではない。

西側から攻め込むルートは3箇所、一つは、現在の東北大学川内キャンパス(忠宗時代の二の丸、政宗の時代には二の丸はなかった)の北側を通り、もう一つはやはり二の丸北側の亀岡八幡宮の下を通り、御裏林の尾根に抜けるルートがある。このルートは現在でも曲がりくねった急坂で、政宗時代にまともな道があったとは思えない。

三つ目のルートは、西側愛子方面、郷六から現在の宮城教育大学のキャンパスに上り、御裏林に入り、東北大学工学部のキャンパスに抜けるコースが考えられる。ここにはかつて最上道が通っており、それなりの移動は可能と思える。しかしいずれのコースでも、大軍の移動は不可能で、豊臣秀吉ばりの大土木工事を行いルートを確保する必要があると考える。

現在の仙台城に見る西の守りは、現在の東北大学植物園内に残る切掘、本丸西側を走る市道に残る切通しなどがあるが、天下を巡る戦に対する備えとしては十分なものとは言えない。仙台城のいわゆる天守台はこの切通しの上にあり、東の大手口や城下を望むものではなく、この西の御裏林を望んでいるように思える。

天守台を西側に配し、天下への野望を秘めた伊達政宗が、この西側の防備を考えていなかったわけはないと思われる。ここに、私の「仙台城は未完成」の疑惑が起こってきた。政宗がどう考えていたのか、そのヒントが、会津の奥、向羽黒山城にあると思っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です