南部政直は、盛岡南部の当主南部利直の次男。

長男  家直(経直)…福岡城主、16歳?で死去
次男  政直…花巻城主、1624年変死
三男  重直…南部藩当主
—–
庶長子の家直は16歳?で早死している。筆者はこれを、三男の重直を嫡子とすることによる南部の内紛を避けるために、毒殺、もしくは謀殺されたのではないかと考えているが、家直に関してはあまりにも資料が少なく、これ を断ずるには無理がある。

しかし、次男の政直の場合は、時代状況的には毒殺された可能性が強いと思う。政直の死に関しては、「変死」とか「非業の死」、としての記述が多いようだが、政直の治めていた花巻には、花巻の重役の柏山明助とともに「毒殺」 されたとする次のような説が伝わっている。

「江戸へ参府する途中花巻城に泊まった利直は、以前から伊達氏と通じている、との疑いのあった岩崎城代柏山明助を呼び、毒殺しようとした。このとき花巻城主政直が毒見の為に事情を知りながら毒入りの酒を飲む。その晩、政直と柏山は苦しみながら絶命した。利直はお家のためとはいえ、我が子を手にかけたことを大変悲しみ、政直の霊を弔うため、荼毘に付した跡地に「天厳山 宗青寺」を建立した」

筆者は、柏山明助と南部政直は切支丹か、あるいはそのシンパだったと考えている。その確かな資料はないが、南部政直の花巻と、柏山明助が城代を勤める岩崎は、その後の切支丹取締りのときの資料では多数の切支丹が捕縛されている。

この資料中には、花巻や岩崎の切支丹たちの多くが、伊達領水沢福原の後藤寿庵の「弟子」であることが記載されている。後藤寿庵はこの当時の日本の切支丹の中でも重きをなしていた者で、水沢福原には天主堂もあったと伝えられる。切支丹たちにとっては、藩境はあってなきに等しいもので、しげしげと藩境近くの福原に通ったことは想像にかたくない。

南部政直と柏山明助が切支丹であった場合、なんらかの形で伊達家臣の後藤寿庵と接触があったと考えるのが自然と思われる。花巻の伝承に見られる、

「以前から伊達氏と通じている」

のことは、柏山明助と後藤寿庵の切支丹としての交流であると考えられる。南部利直にすれば、このことも見逃せないものとして映ったのかもしれない。

1619年には京都大殉教がおき、これより切支丹に対する弾圧は一気に強くなる。1620年には、それまで切支丹に対しては比較的寛容な政策をとっていた伊達藩も切支丹弾圧に踏み切り、後藤寿庵は伊達藩を出奔、1622年には長崎大殉教、1623年には江戸大殉教と続く。1624年の南部政直と柏山明助の死は、この主従が切支丹であったことを示しているように思える。

この伝承で不思議なのは、主の南部政直が家臣の毒見をするということだ。これが真実とするならば、南部政直は、切支丹として柏山明助とは師弟関係にあったと考えるべきだろう。またあるいは、南部利直の「子殺し」に対して、領主に対する遠慮からトーンを弱めたと言うことかもしれない。

いずれにしても、恐らくは、南部政直と柏山明助は、南部利直によって毒殺されたと言うことは真実であろうと思われる。しかしながら、政直の幼名は、南部利直の幼名と同じ「彦九郎」であることから考えて、少なくとも 政直の生誕時には、利直の強い思い入れがあったに違いないと思われる。

この花巻の伝承にある最後のくだりの、

「利直はお家のためとはいえ、我が子を手にかけたことを大変悲しみ、政直の霊を弔うため、荼毘に付した跡地に「天厳山 宗青寺」を建立した」

というのは真実であったろうと思われるし、そう思いたいものだ。

2 thoughts on “南部政直死の謎、南部政直はなぜ父に殺されたのか”

  1. 実は、柏山家の末裔が秋田県鹿角(元南部藩)におります。私の大叔母が嫁いでおります。ごく数年前、大叔母の夫が余命幾ばくも無い時に、長男に託し事をしました。柏山家は代々絶対に人に見せてはいけないといって隠し持っていた「位牌」がありました。それがいったいどういう意味があるのかわからず、代々人知れずに受け継がれていたのですが、大叔母の夫は死ぬ前にその「位牌」がどういう意味のあるのか知りたいと。その息子は位牌をもって岩手県のとある寺をたずねましたところ、昔、かなりの力を持っていた士族」ということがわかりました。柏山家が没落したのは後を継ぐ男子が次から次と不審な死をとげたようです。
    それで南部藩の藩境の地に逃げ延びて身分を隠して生き延びてきた?のではないかと推測されます。その地域には「柏山」という苗字はあまりなく、その家から分家した者のみ名のっているようです。

    1. コメントありがとうございます。
      ご覧いただいた記事では、柏山明助が切支丹だったということはほぼ間違いないだろうと考えてのものです。
      コメント中の「位牌」については、伊達氏の後ろ盾を得て、南部氏に反旗を翻し敗れた和賀氏直系の和賀忠親の嫡子のもの、または、南部利直に背き出奔し、大坂城に入った北信愛の嫡子の北信景のものかもしれないと思いました。
      それをひも解くために、少し長いですが、この辺の事情をまとめ小説にしたものから抜粋してアップしておきます。よろしければご覧ください。
      なお、柏山氏の流れが鹿角におられるということを聞いて驚いております。伊達藩から切支丹弾圧により出奔した後藤寿庵は、柏山明助の盟友とも言うべき存在で、仙台藩を出奔後、主に南部藩、秋田藩の金山を中心として、大眼宗と名乗り布教活動を行っていたようです。もしかすると、柏山明助の子弟らも、後藤寿庵と行動を共にしていた可能性もあります。http://mitinoku.biz/?p=4324

      ===第二話、後藤寿庵、降誕祭===

      (前略)
      寿庵は砲術を巧みとし,伊達家中でも並ぶものがないほどだったが,寿庵にとってはどうでもよいことであった。
      それよりも福原の地は,このときまだ未開の原野であり,それを開墾し各地で迫害されている切支丹たちを呼び込むことに全力を上げていた。
      噂を聞いて葛西のものや切支丹たちが福原の地に集まり始めていた。堰をもうけ,用水を切り開き,西洋の技術も取り入れ,次第に耕地が広がっていった。
      切支丹のパードレ達から得た西洋の知識は,荒地を切り開き,治水を行うのに大いに役に立った。集まった多くの切支丹信者たちは,自分たちの新しい天地を得たことを大いに喜び,寿庵にしたがい荒地を開拓した。
      天主堂も建て,マリア堂も設けられた。ガルバリヨ神父も呼びミサもとり行われた。水沢福原の寿庵の屋敷の前の福原小路には,家臣の屋敷も立ち並び,小さいながら切支丹王国の雰囲気さえあった。
      元和二年(1616年)十一月,登米(とよま)の寺池から白石宗直(しろいしむねなお)が福原の地を訪れた。表向きは寿庵が行っている河川改修の視察だった。
      宗直も登米の地で北上川の改修を行っており,戦禍で流出した葛西や大崎の者達を呼び戻し,今や伊達領内でも有数の豊穣の地に変えていた。
      視察を終え,その夜寿庵は宗直を取って置きのワインを出しもてなした。寿庵もかつて何回か登米の地を訪れ,北上川の改修の様子をつぶさに見て回った。宗直の登米での評判は高いものがあり寿庵は同じ年ながら尊敬の念を抱いていた。
      宗直は珍しそうにワインを飲みながら言った。
      「近々幕府は切支丹禁教令を出すらしい。やっかいなことになるかも知れぬ」
      もちろん寿庵もそのことは知っていた。福原の地には各地から迫害を逃れ切支丹が流れ込んでいた。
       切支丹の岡本大八(おかもとだいはち)なるものが起こした収賄事件や大阪の陣以来,他藩での切支丹への迫害は一層ひどくなっているようだった。また,この年には政宗の娘婿で切支丹の松平忠輝(まつだいらただてる)の改易騒ぎがあり,切支丹絡みで政宗の謀反の噂が一時期世情を騒然とさせた。
      白石宗直は言った。
      「今,お館様は難しい立場におられる」
      政宗はイスパニアに支倉常長(はせくらつねなが)を送り,それも近く戻ることになっている。また松平忠輝の室ですでに伊達藩に戻ってきている政宗の息女の五郎八(いろは)姫も切支丹で,頑として棄教を拒んでいた。
       この五郎八姫は,伊達領の切支丹達の間では希望の星であった。伊達藩は切支丹にこれまで寛容であったために,寿庵がそうであるように多くの切支丹が領内にいた。政宗もそろそろ態度を明確にしなければならない時ではあった。
       たしかに幕府の出方によっては,伊達藩には過酷な運命が訪れる可能性はあった。宗直は続けた。
      「場合によっては伊達は徳川殿とことを構えることになるやも知れぬ」
       寿庵をはじめ切支丹たちは,その庇護者を求めて全国を流れ歩いてきた。徳川の天下が固まり,切支丹への圧迫が強まっていく中,切支丹に寛容なのは既に伊達藩くらいのものであった。伊達藩が崩れれば,切支丹が安住できる地は日本国中どこにもなくなることは歴然だった。寿庵もそれは内心覚悟していた。
       宗直は続けた。
      「万一,徳川殿とことを構えることになれば我らは南部殿に対することになるのは必定」
      宗直の話は,南部領も含む旧和賀領に多くいる切支丹や和賀(わが),葛西の一党を,いざというときは伊達方に取り込む必要があると言うことだった。
       そして,柏山明助(かしやまあきすけ)の名前を切り出した。柏山明助は和賀忠親(わがただちか)の反乱が鎮圧された後に,和賀岩崎城の城代となっていた。明助も切支丹で,南部藩に仕えていながらも,福原の天主堂でのミサなどに時折出席しており,寿庵は密かに藩境を越えて親交を重ねていた。
       明助の名前が出たことで,寿庵は一瞬躊躇したがそ知らぬふりをした。宗直はちらと寿庵の方を窺い話を続けた。
      「実はこのことはお館様にも話はしておらぬのだが」
      白石宗直のこの言葉に寿庵は緊張した。
      かつて,和賀忠親(わがただちか)が政宗の命により捕らえられ自刃したおり,領内で和賀の残党狩りが行われた。忠親と親しい間柄だった宗直は,そのとき謹慎中の身でありながら,忠親の室の兄である柏山明助と諮り,忠親の生まれたばかりの嫡男を匿ったというのだ。
      明助は南部方の武将であり,忠親の篭った和賀岩崎城攻めに功があったものだが,情に厚い勇将であった。そしてその忠親の忘れ形見は,一関の山奥で十六歳になっているという。このことを明助から寿庵は聞いてはいなかった。
      政宗に秘密裏にこのようなことをした宗直も宗直だが,それを敵将の身で引き受けた明助も明助だった。
      「なんということだ」
      寿庵は思った。そして改めて宗直と明助に対して信頼の思いを強くした。
       白石宗直の話の要旨はこの時代の感覚から言えば,南部に対する調略であった。しかし伊達と徳川が戦うことになれば,切支丹としては重要なことであり,それよりもこれは調略という言葉には似つかわしくない,人の暖かさが寿庵には感じられた。
      その年の十二月の降誕祭に,寿庵は福原にガルバリヨ神父を呼びよせていた。切支丹への迫害が強まる中で,このようなことが行えるのも最後かもしれなかった。
      先年、ソテロとともに江戸で捕縛された者の殆どは火炙りにされ殉教した。大阪では豊臣秀頼や淀の方が切支丹を保護していたが、その豊臣も滅び、一昨年に上方では切支丹狩りが行われ、津軽に流刑されていた。その他、徳川の意向をおもんばかり、それぞれの藩が切支丹狩りを行い、多くの殉教者が出ていた。
      それでも徳川は、切支丹の国々との貿易のことがあり、貿易を継続するかどうかの結論が出ていないこともあり、若干の目こぼしがされているだけのようだった。いづれ近いうちこのことに結論が出れば、全国的な切支丹弾圧が起こるのは必至の状況だった。
      寿庵は,この降誕祭を、これから一層の困難を背負わなければならないだろう切支丹たちの心に残るものとして,盛大に行うつもりだった。
      寿庵は降誕祭に柏山明助を招いていた。十二月二十二日の夕方,明助は雪の降る中わずかな供まわりで福原の地を訪れた。天主堂で祈りを捧げた後,ガルバリヨ神父と寿庵と明助は寿庵の館の奥まった一室で歓談していた。
      寿庵はこの日に明助を招くに当たってその文(ふみ)の中で,「厳しい話をしなければならないこともあり」と書き送っていた。半刻ほどの歓談の後に,それぞれの思いの中で話が途切れた。その重苦しさを飲み込むように,寿庵はグラスのワインを飲み干した。
      寿庵が切り出した。
      「実はのう,先日,寺池城の白石宗直殿がお出でになってのう」
      座に緊張が走った。明助は暖のための火鉢の炭の灰をはらった。
      「宗直殿が言うには,伊達は徳川殿と手切れになるやも知れぬと言うのじゃ」
       明助にも切支丹の置かれている状況はもちろんわかっていた。また,この福原の地の,そして自分の岩崎の地の「神の王国」は,南部のそして伊達の「目こぼし」の上に成り立っている非常に危ういものであることも承知していた。
       現実にこの「神の王国」を確立するためには,伊達の力を頼るしかないのかもしれなかった。明助の属する南部には,徳川に対抗する力はなかった。
       明助が直接仕える花巻城の南部政直(なんぶまさなお)は,明助の感化もあり切支丹に密かに帰依していた。盛岡の南部利直(なんぶとしなお)の次男でありながら,庶腹であったために嫡子は三男の重直(しげなお)に定められていた。
       家中にはそのことに対する不満もあった。盛岡と花巻はなにかとギクシャクしていた。切支丹への迫害が日増しに強くなっていく中,徳川へはひたすら忠節の姿勢を示す以外に南部が生き延びる術はないことは確かだった。政直の切支丹への帰依は,政直自身の立場を危うくするものであることも確かだった。
       明助は若い主人が自分の感化を受けたということもあり,そのことに心を痛めていた。寿庵の話が終えた後,重苦しい沈黙が座を支配していた。
       明助は立ち上がると,この部屋の一角においてあるマリア像の前に跪き祈りを捧げた。席に戻り,寿庵とガルバリヨ神父に静かに言った。
      「神の御心のままに」
      三人は期せずして十字を切り祈りを捧げた。
       翌二十三日に,登米の寺池城から急使がきた。それによると伊達政宗公の息女の五郎八(いろは)姫がお忍びで福原にお出でになるということだった。
       五郎八姫は松平忠輝(まつだいらただてる)に輿入れしたが,その後の忠輝の改易により仙台に戻されていた。マリアという洗礼名を持つ敬虔な切支丹で,なにかと領内の切支丹のために心を尽くしていた。
       このときも寺池城に逗留しながら,近辺の切支丹たちの世話をしている中で,福原の降誕祭のことを耳にして来ることになったらしい。
       ガルバリヨ神父と寿庵は,求めに応じ幾度か会っていた。知識欲ははなはだ旺盛で,切支丹の教えのみならず,医学,薬学,そして海外の政治情勢まで尋ねられて,一度訪れると,求めに応じ四,五日の逗留になることは常であった。
       また乗馬を良くし,小太刀の腕はなかなかのものと言うことだった。政宗公もいささか手を焼きながらも,この姫をことのほか愛しんでおられた。
       二十四日の昼近く,昨夜まで降っていた雪は止んでいた。姫の到着を知らせる先触れがあり,寿庵が迎えに出ると,既に多くの人々が福原小路に出ていた。
       お忍びと言うことで,家中のもの以外には知らせてはいなかったのだが,どこから伝え聞いたか多くの者達が出迎えに出ていた。雲が切れて温かい日差しが差し始めていた。
      「姫様じゃ,おまあ様じゃ」
      遠くで叫ぶ声がした。
       しばらくして福原小路に騎馬の一団が入ってきた。
      「おまあ様じゃ」
      「おまあ様じゃ」
      福原小路の東端から次々と声が沸きあがった。五郎八姫は白馬に乗り,蓑(みの)で体を被い笠をつけていた。小路の手前で,姫は蓑を脱ぎ笠を外した。厚手の袴をつけ,緋色のマントを羽織り,長い髪を無造作に後に束ねていた。福原の人々の間にどよめきがおきた。
       五郎八姫は人々に軽く会釈をしながら静かに歩を進めた。人々は次々と雪の沿道に跪き祈りを捧げ始めた。それは波のように広がり,福原の地を包んだ。
       寿庵は五郎八姫を館の奥の間に通した。奥の間には寿庵が心づくしの暖をとらせていた。旅装を解いた姫は男装束であった。先ほどまでは寒さのせいで透き通るような白い肌であったのが,今は紅を差したように赤みがさしている。
       くつろいだその姿は美しかった。仙台に戻ってきてからは,化粧は一切せず,領内を歩き回り,切支丹や領民のために心を尽くしていた。領民から「おまあ様」と慕われ,特に切支丹の多くからは「マリア様の再来」と尊敬を受けていた。
       五郎八姫はガルバリヨ神父に,神父の国許での降誕祭の様子を尋ねていた。寿庵は傍らでそれを静かに聞いていた。寿庵は別棟にいる柏山明助を引き合わせるべきかどうか迷っていた。
       姫の突然の来訪に,明助自身も戸惑っている様子だった。明助は姫の来訪を,白石宗直の深慮遠謀と疑っている節もあった。伊達と南部はこれまで仇敵と言える間柄で,無理からぬことであった。
       寿庵は意を決っして姫に明助を引き合わせることにした。
      「姫に引き合わせたい御仁(ごじん)が館に来ておりますが,お会いいただけますか」
      ガルバリヨ神父はその意を察し,
      「姫様,私は式の準備がありますので。後ほどまたお会いしましょう」
      と引き下がった。
       五郎八姫は怪訝そうに尋ねた。
      「どなたじゃ」
      「さ,それは,この寿庵の友でござりまするが…」
      「寿庵殿の友であれば構わぬ。私もお会いしたい」
       寿庵が別棟にいた明助を伴い部屋に戻ってきた。明助は威儀を正して五郎八姫に対座した。その胸には小さいクルスが光っていた。
       寿庵が紹介するのをさえぎり,明助が口を開いた。
      「拙者,南部藩の岩崎城を預かる柏山明助と申すものでございます。本日の降誕祭に,寿庵殿よりお誘いを受けて一昨日よりこの地に参っております」
      「おぉ,柏山明助殿か。ご高名はかねがね信徒の者達から聞いておりました。一度お会いしたいものと思うておりました」
       明助は顔を上げて五郎八姫を見た。美しい姫御前であった。自分の領内の切支丹信徒たちも,この姫を「マリア様の再来」と噂していることは知っていた。
      「恐れ入りたてまつります」
       姫は話を継いだ。
      「明助殿は,かつて和賀忠親殿の御子を宗直殿と一緒にお助けいただいたらしいのう」
      「いや,それは」
      これには寿庵も明助も驚いた。このことは,白石宗直と柏山明助だけの胸の奥に秘めていることであり,寿庵もつい先月宗直から聞いたことで,政宗公も知らないはずのことであった。
       姫の話によると,信徒達の間で密かに噂になっていた話を姫が聞きつけ,あるときその隠れ里を訪ねたということだった。その後それとなく援助をしているらしい。
       寿庵はたまらず尋ねた。
      「そのことは宗直殿にはお尋ねになったのでしょうか」
      「尋ねたが何も話されなかった。驚いた顔をしておったがのう」
      「お館様には話されたのでしょうか」
      「申してはおらぬ。父上は和賀の件には今もって悔いを持っておられる。これからも悔いていただかなければ,父上は神の国には入れぬ」
       姫はいたずらっぽく,屈託のない笑みを浮かべた。寿庵と明助は胸をなでおろした。寿庵と明助は思った。この姫自身も嫁ぎ先の越後高田(えちごたかだ)藩は改易され,夫君で同じ切支丹でもあった松平忠輝とは引き離され,時代に翻弄されている木の葉のようなものだった。
       にもかかわらずこの屈託のない笑みはどうだろう。すでにこの姫には国も藩もない,あるのは恐らく「神の国」だけなのだろう。
       その夜,雪は止んでいた。空は澄み満天の星空だった。天主堂には信徒たちが集まり始めていた。手に手にろうそくを灯し,それぞれに祈りを唱えていた。天主堂の鐘が鳴っていた。
       天主堂の正面には質素な木彫りのキリスト像が掲げられていた。その脇には聖母マリアを描いたイコンが掲げられていた。ガルバリヨ神父がラテン語で,朗々と唄うように祈りを捧げた。
       それを引き取り後藤寿庵が日本語で祈った。
      「すべての人の父である神よ、永遠のみことばは、おとめマリアによって人となられました。この御ひとり子に結ばれて、わたしたちも神の子どもとなることができますように」  
      「アーメン」
      「いつくしみ深い父よ、世に来られるひとり子を喜び迎えて祈ります。主・キリストが神の輝きのうちに来られる時、永遠のしあわせを味わうことができますように」
      「アーメン」
       夜更けまで祈りは続いた。ガルバリヨ神父の祈りが終わると,また天主堂の鐘がなり始めた。この地の少年達により賛美歌が歌われた。グレゴリオ聖歌だった。
       賛美歌が終わると五郎八姫が進み出て祭壇の前に跪き,よく通る声で歌うように祈り始めた。
      「永遠の父よ、みことばは人となり、世界に光が与えられました。信じる者の心に注がれたキリストの光が、日々の生活に輝くものとなりますように」
      「アーメン」
      人々は祈りながら泣いていた。あるものはこれまでの苦難の道のりを思い泣いていた。またあるものは,これからの神の国までの苦難を思い泣いていた。
       降誕祭が終わり,明助も五郎八姫も,また近郷近在から集まった人々も三々五々帰っていった。この地に集まった多くの切支丹たちに,これからは今まで以上に苦難の時代が訪れるだろう。そのときにこの降誕祭が人々にいささかの心の安らぎを与えることができればと寿庵は祈らずにはおられなかった。
       新年を迎えた福原の地は厳しい寒さと吹雪に見舞われていた。それでもこの寒さの中,戦のないしばしの安らぎが寿庵の心を穏やかなものにしていた。

鈴木真知子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です