2012/05/14

 

歴史散策⇒唐川城跡

福島城を後にして、山王坊遺跡、春日内観音堂と廻り、高台にある安東氏ゆかりの「唐川城跡」に来た。この城は、南部氏に攻められた安東氏が、福島城から退いた城と伝えられる。

説明板の位置には東屋が設けられ、どうも城跡に見られる荒々しさはない。説明板によると、堀で3つに区画された郭があり、大きな井戸跡もあると云うのだが、山に分け入る道は見つからない。この地だけでは城跡としてはどうも腑に落ちないが、それでもここからは山麓の大沼と十三湖や日本海が見渡すことができ、海路の監視には最適であることから、「理想的な立地」との説明板に取り合えず納得した。

安東氏はエミシとのつながりも深い一族で、平泉藤原氏が滅亡した後、東北地方は鎌倉勢力に占められたが、その中では特異な一族で、またそれ故に、その後も流浪変遷していくことになる。

今回の津軽半島の取材の目的の一つは、この安東氏の旧跡を訪ねることで、この十三湖の地は、変遷していく安東氏の、原点に近い部分であるはずだ。その安東氏の夢と挫折が、この唐川城跡からはるかに見渡せるように感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です