慶月院は、茂庭綱元と、豊臣秀吉の愛妾であった香の前の娘として生まれ、名前は津多と云う。香の前を巡っては、茂庭綱元が秀吉から拝領したことが伊達政宗の怒りをかい、綱元は一時伊達家を出奔し、その後帰参したときに、政宗に香の前を差し出したとの話もあり、当時から津多は、政宗の落胤とささやかれていた。

津多は長じて、仙台藩の宿老で船岡城主の原田宗資の妻となり、宗輔を生んだが、宗輔が5歳、津多が26歳の時に夫と死別した。その後は慶月院と名乗り、幼くして当主となった宗輔を育てながら原田家を守った。

原田甲斐宗輔らは、寛文11年3月(1671)、仙台藩内の騒動を解決するために、大老酒井忠清邸に召喚され、宗輔はその場で伊達安芸に斬りかかり斬殺し、自身も柴田外記と斬りあい死亡し、柴田外記もまた死亡した。

この寛文事件により原田家は処罰され、宗輔の母の慶月院は亘理伊達氏に預けられた。我が子宗輔の正義を信じる慶月院は、「我が子が何の不義ぞ」と舌を噛み切って死のうとしたが、高齢で歯がなかったため果たせず、その後50余日の間食を絶ち、寛文11年(1671)7月、亘理伊達屋敷で絶食死したと云われている。74歳であった。

当時は、逆臣に連なるものとして正式に弔いもできないため内密に葬られ、墓石は立てられず、この自然石を墓印にしたものと思われる。また左側の地蔵尊は、その後供養として立てられたものと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です